学校数・生徒数

文部科学省の学校基本調査速報(H27)によると、総合学科の学校数と生徒数は以下の通りです。

高等学校(全日制・定時制)の学科別学校数及び生徒数(本科)
学校数 371 生徒数176,065



  総合学科とは(1)

総合学科は、普通科及び専門学科と並ぶ新しい学科です。

・必履修科目に加え、幅広い選択科目の中から自分で科目を選択し学ぶことが特長です。
・将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深めさせる学習を重視しています。

文部科学省ホームページより [クリック]



  総合学科とは(2)

(1)「産業社会と人間」(原則履修科目)という授業があります
 自己の個性を発見したり、将来の生き方や進路を考える学習を進めます。
 (※異なる名称で設置している高校もあります)

(2)単位制です(※原則としています)
 生徒が主体的に科目選択ができるよう、学年による教育課程の区分を設けていません。
 
(3)多様な教科・科目から主体的に選択履修できます
 「産業社会と人間」及び専門教育に関する各教科・科目を合わせて25単位以上開設しています。
 生徒が普通教育及び専門教育に関する多様な各教科・科目から主体的に選択履修できるようにしています。

(4)課題の設定・研究
 「総合的な学習の時間」において、生徒が興味・関心、進路等に応じて設定した課題について、知識や技能の深化、総合化を図る学習活動を取り入れています。


文部科学省ホームページより [クリック]



  総合学科設置の背景

・学校歴優先意識や偏差値偏重の受験戦争
・高校教育≒大学進学準備という状況
 ↓
普通科では画一的に進学を意識するため生徒の多様な能力・適性に十分対応できず、職業科では就職する者を主体とした教育が行われているため進学希望者への対応が不十分である
 ↓
ア 量的拡大から質的充実へ
イ 形式的平等から実質的平等へ
ウ 偏差値偏重から個性尊重・人間性重視へ

→それまでの普通科と専門学科の2学科の区分を見直し、生徒の学習の選択幅を拡大することができるよう、普通教育及び専門教育を選択履修を旨として総合的に施す学科を設置すべきとした。

【参考】平成3年4月、第14期中央教育審議会答申「新しい時代に対応する教育の諸制度の改革について」より



  総合学科設置の経緯

平成3年4月19日 第14期中央教育審議会答申
「新しい時代に対応する教育の諸制度の改革について」
 
平成3年6月 高等学校教育の改革の推進に関する会議 第一次報告
総合学科という名称、意義などを報告

平成5年2月 高等学校教育の改革の推進に関する会議 第四次報告
総合学科の具体像を報告

平成5年3月10日 高等学校設置基準 一部改正
『普通教育及び専門教育を選択履修を旨として総合的に施す学科』=総合学科(第5条第3号)

平成6年4月 全国で7校の総合学科が開設。

平成26年4月 全国で366校の総合学科が総合学科教育を展開



  総合学科を正しく知るために

(1)「総合学習」を中心に学ぶ学科ではありません。
 高等学校の必履修科目に加えて、普通教育科目と専門教育科目から生徒が選択して学ぶ学科です。

(2)学校名にご注意
 ○○総合高校という校名の高校がすべて総合学科というわけではありません。



  総合学科に関する調査研究

平成24年3月30日
総合学科の在り方に関する調査研究(報告)
調査研究機関:東京女子体育大学
研究代表者:服部次郎

文部科学省ホームページにアップされています。「総合学科の在り方に関する調査研究」で検索してください。